AKITOの思考ノート

あきとの備忘録

板チョコレートは一日一枚

#57 【伊香保温泉への一泊二日旅行】はじめての旅館泊と普通列車の帰り道

こんにちは、あきとです。

今回も前回に引き続き、会社の年次休暇を利用して参りました伊香保温泉への旅行に関する記事を書いていきたいと思います。

おやつにお饅頭

ぼくが自分の家を離れてどこか地方を旅行をしたいと思ったきっかけの一つに、一人楽しく歩きながら「食べ歩き」をしたいというものがあります。

お昼ごはんのあとに伊香保の石段街を散策していたら、ちょうど小腹がすいてきました。

というわけで、ちょうど石段の終りの方にあったお店で、お饅頭をいただきました。

中には餡子が入っている一般的なお饅頭なのですが、おいしくて30秒くらいで一気に食べてしまいました笑。

ぼくは子供のころから、ケーキとかシュークリームのような洋菓子よりも、お団子や大福、おはぎのようなもちもちした和菓子が大好きなんですよね。

このお饅頭も、まさにぼくが求める味と触感を兼ね備えていたのであります。

疲れたので旅館へ

伊香保の石段街に午後1時に到着したぼくは、その後午後三時半ごろまでのんびりと石段や伊香保の町全体を散策していたわけでありますが。

さすがに、2時間も歩いていると、飽きてきますし、なにより疲れてくるのです。

というわけで、事前にネット予約をしておいた「さくらい旅館」様にお邪魔することにいたしました。

石段街から歩いて10分程度の距離なので、迷うことなく着いちゃいましたね。

送迎サービスもやっているらしいので、雨の日とかは助かりますね(ちなみに、翌日の朝は雨でしたので、帰りは送迎サービスを使いました!)。

当初は午後五時にチェックインする予定でした。ですが、当日にチェックインの時間を早められないか電話でお尋ねしたところ、快く引きうけてくださいましたね。ありがたい!

ぼくが宿泊した部屋はこんな感じ。

フローリングやカーペットではなくて、「畳」。

テーブルじゃなくて、「ちゃぶ台」。

ソファーではなくて、「座椅子」と「座布団」。

こういう「和」を存分に感じることのできるお部屋で過ごしたいと思っていたので、部屋のつくりや設備には満足しかありませんでした。

旅館でのお食事(夜)

なによりぼくが楽しみにしていたのは、お食事。

食べることしか楽しみがないので、旅館での食事というのは、旅行における一丁目一番地の楽しみともいえる偉大なる存在です。

これぞ、「旅館!」という感じのお食事ですよね。

品数の豊富さとその色とりどりのお料理。

誰にも邪魔されず、自分のペースで、自分の好きな順番で、自分の好きな姿勢で。

自分の好きな食べ方で、自分の好きな焼き加減で、これだけのお料理を一度に堪能することができる。

こんな幸せ、一人だからこそ味わえるんですよね。

だれにも気を遣わなくていいからこそ、ストレスもたまらない。最高の環境です。

ちなみに、これにプラスして、大量の白米も運んできたくださいました。

ぼくは白米の味と触感が大好きなので、お替りしちゃいましたね笑。

旅館でのお食事(朝)

ちなみに、ぼくの予約したコースは、朝ごはんもお部屋まで運んでくれるタイプのものだったらしいので、朝もしっかりいただきました。

ちなみに、「らしくて」というのは、予約するときはてっきり夕飯だけしか出ないと思い込んでいたんですよ笑。

旅行慣れしていないからこそ起きる瑕疵ですね。

まあ、豪勢な朝ご飯をお部屋でゆっくり食べられるなんて贅沢をみすみす逃すわけにはいきませんから、朝ご飯もしっかりおなかに収めてまいりました。

この写真の箱の中には、焼き魚やしゅうまい、ソーセージ、ひじきなどのお料理が詰め込まれています。

朝ご飯の後は、あと少しで読み終わりそうなミステリー小説を一時間ばかり読んでいましたね。

そうこうしているうちにチェックアウトのお時間になりました。

現実へ

旅館を後にしたのちには、もう現実に戻るしかない。

現実に戻るというのは、自分の家に帰るということ。

というわけで、さっそく帰途につくことになるのですが、ここで迷いました。

特急草津で帰るのか、普通列車でのんびり帰るのか。

結局、次の日も休みで特に焦る必要も感じていなかったころから、普通列車を乗り継いでのんびりと帰ることにしました。

ちなみに帰り道の途中では、永田町にある自由民主党本部へ。

そこに設置されていた安倍晋三元首相への献花台に、人生で初めて購入した2000円くらいのお花を供えてまいりました。

行かないと一生後悔するだろうなと思っていたので、思い立ったら吉日ということで、しっかりと感謝の思いを伝えてきました!

まとめ

人生で初めてゼロベースで計画をした一人旅行。

手始めに、自分が住んでいる関東圏内を旅してみようと思い、前から気になっていた群馬県伊香保温泉街を旅行先に選んでみました。

はじめての旅行にしては、ちゃんと天候に恵まれましたし、自分のやりたいこともできましたし、食べたいものも食べられましたし、割と満足度の高い旅行になった気がしています。

ていうか、普通に楽しかったです笑

まあ、連休明けには、またお仕事の毎日です。

今度どこかを旅行するときには、二泊三日とかを計画しちゃおうかなとか、関東圏を脱出して東北地方とかを旅しちゃおうかなとか、そういう楽しいことを考えながら、日々の労働に勤しんでいきたいなと思います。